霊感占いとは?当たるのか?

霊感があるとか無いとか友達同士で話題になることはあると思います。
霊感がある人と聞いたら幽霊が見えるとか人の心が読めるとかそういった
イメージが強いです。
占いで言われている霊感というものは直感が鋭く、それが見事に当たるというものです。
頭の中で思ったことがとても明確であり、それが本当の出来事となって起きる為
霊能力者による占いを受ける人は多いです。
霊能力にもレベルというものが存在し、高いレベルの霊能力者の場合は、亡くなった人との会話までできると言われています。亡くなった人の心を知りたいときにこのような
占いを受ける人は多いです。亡くなった人が何を思って死んでいったのか、たとえば
呪縛霊としてこの世に残ってしまった霊を除霊する際にも、霊能力者が霊と対話して
成仏させます。生霊や背後霊などにも霊能者は対応しています。
霊能者に占ってもらえることは、今抱えている悩みをどのように解決すればよいのか、
そして訪れる未来がどうなるのかということなどです。恋愛も仕事も健康運も金運も
すべてに対応しています。
普通の人でも直感がとても鋭い人はいます。予想したことがよく当たる人、ふと感じたり思ったりしたことが起きることが多い人、夢で見たことが現実になる人など霊感が強い体質といえるかもしれません。霊が見えるとき、その人は霊と波長があっているとされています。波長が合うことで霊が目に見えたり、声が聞こえたりするのです。
しかしこれは霊能力者の能力とは少し違っていて、霊能力者の場合は、ただ見えるということだけでなく対話ができるとかそれ以上の能力を持っています。
家系に霊感の強い人がいる場合、子供も霊感がある体質であることがあるようですが、
年齢を重ねるにつれて見えなくなることもあるとされています。霊感には、幽霊が見える意外にもオーラというものが見えるという人もいます。オーラはその人の周りにあるエネルギーの光です。性格や心の状態で常に変化するものでもあり、ずっと同じオーラを
発している人はいません。オーラは霊的なエネルギー、命のエネルギーであるとされています。色は8つの色に分類されていて、それぞれの色に意味があります。一人の人に色々な色のオーラが感じられることもあれば、オーラの色が1色だけというような人もいるようです。オーラが強いか弱いかでその人生命力なども分かってきます。強いオーラがある人は元気で健康です。このように霊感といっても色々な種類があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です